FC2ブログ
北海道一周、自転車で走ったよ!?
2010年夏、苫小牧をスタートしました。さて、結末はいかに? 紀行エッセイです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月10日(火) 大学院生さんとランデブー (釧路―広尾 158km)
朝、目を覚ますと、外は一面の霧だった。目の前の釧路川には、昨日は泊まっていなかった漁船がズラリと停泊している。
うわー、驚いた。いつのまにこんなに泊まったんだ?中を見ると、ガタイのいい海の男たちが四方八方唾を飛ばしながら威勢よく話をしていた。いやー、朝から元気のいいこって。これから漁にでも行くのでしょうか。
それにしても、昨日はあまりよく眠れなかった。というのも、どうも人が行き来していたようで歩く音や話し声が聞こえてうるさかったのです。夜なら人も来ないだろうと思っていたが、さすが観光スポット、読みが甘かったようです。
準備を終え、いつもより遅い五時半に出発。「まったく朝から霧かよ」と思っていたら、いつの間にか霧雨に。
あちゃー。いよいよ雨かよ。ここ一週間、雨らしい雨が降っていなかった。そろそろ降るのか?と思っていたら、今日降ってきた。
途中、白糠の道の駅で休憩。相変わらず雨は降り続いている。それにしても今走っているこの国道三十八号線、交通量が多いにも関わらず路肩が狭いというまったく北海道らしからぬ道。しかも雨でしょ。走りにくいったらありゃしない。下り坂はいつもより慎重にハンドルを操作する。
しばらく走ると、セイコーマートの軒下に一台のロードバイクが停まっているのが目に入る。こんな雨の中を走っているなんて変わっているなあ。横目で見ながらそのまま通り過ぎる。
と思ったが、なんか気になる。十メートルほど行ったところでUターン。自転車のそばには一人の大柄の青年が立っていた。見ると、わたしが持っているツーリングマップルを熟読している。っていうことはなに?彼も旅人?
早速、話しかけてみる。やはりそうでした。話をしていくと、なんでも彼は内地の人ではなく北海道在住の大学院生。しかも、北海道一周に挑戦しているそう。
ええ!マジかい。一緒じゃん。しかも、わたしと同じく時計周りで走っているそうです。おお、そうですか!こりゃ、いいわ。そんなわけで一緒に走ることに。というか、わたしが勝手についていっただけなんですけど。なんか誰かと一緒に走りたくなったんですよ。
しばらく走ると、降っていた雨もだんだん弱まり、浦幌の道の駅に着く頃にはすっかり上がっていた。すぐ近くのセイコーマートで昼食を済まし、ふたたび走り出す。十勝川を渡りひたすら進む。ところで今日の目的地は釧路から百五十キロほど離れた広尾という町にした。わたしとしては、その手前にある忠類の道の駅までにしたかったのだが、大学院生さんができるだけ先に進みたいということでそこに決めたのである。
頑張って走り、午後三時半、広尾に到着。久しぶりに長距離を走ったが、それほど長くは感じなかった。どうやら人と一緒に走るとあまり長く感じないみたいです。
その後、老人福祉センター内にあるお風呂に入り(なんと三百円!最安値更新!)、鉄道記念公園内にある旧駅舎の軒下で泊まることに。大学院生さんとお酒を飲みながら少しお話をし、午後九時過ぎに就寝。よほど疲れていたのか、全身が寝袋の中に溶けていく感覚があった。こんな眠りは久しぶりだった。夢も見ないだろうという確信があった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ultrakamui.blog135.fc2.com/tb.php/29-6fbb1dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。